源氏物語・宇治十帖の講演会

もう明日、明後日になってからの告知で申し訳ない…源氏物語についての講演会をいたします。

9/24(日)と10/29(日)の2か月連続で、香研究家・渡辺えり代さん主宰の講座『源氏物語の薫り』の特別講師を務めさせていただきます。

光る源氏のイメージが強い源氏物語ですが、ラスト10巻は「宇治十帖」と呼びならわされ、薫と匂宮という2人の貴公子が主人公となっています。よくある源氏物語講座だと、光源氏が主役の部分が長すぎて、薫・匂宮のパートまでなかなか行きつきません。「宇治十帖」は源氏物語の中でもすぐれて現代的で、「これから古典を読もう」という方にはまずオススメなのに、もったいない…そう思っていたところに渡辺えり代さんからお話をいただき、大喜びでお受けした企画です。

この2回講座の特色は、

1.源氏物語、全54巻のラスト10巻「宇治十帖」のみにフィーチャーしている!

2.平安文学を語るに当たって外せない要素「香」を、実際にたいて、その意味を体感する

この2点です。

9/24(日)は薫を中心に、10/29(日)は匂宮をメインに読み解きます。

 

(宇治十帖の主人公は薫ですが、匂宮視点から見るとまた別の面白さがあるんですよ♪)

皆さまお誘いあわせの上(って今さらですが(^^;))、ぜひぜひお越しくださいませ!

https://www.facebook.com/events/155944791620854/?acontext=%7B%22ref%22%3A%223%22%2C%22ref_newsfeed_story_type%22%3A%22regular%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&pnref=story

 

 

Share

投稿者: SAZAKI

フリーライター。古典・歴史系ライティングを中心に学習参考書等で活動。著書に『マンガでわかる源氏物語』など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA