女性ライダーとトイレ

仕事から疲れて帰ってきたら、お酒をキューッとあおりたいところですが、愛車に「ひと鞭当てる」トレーニングを課しているのでそうも行きません。これを書き上げたらちょっくら走ってきましょ。

 

さて、女性ライダーのツーリングが快適になるか否かは、…「トイレ」に左右されると言っても過言じゃありません。ふだんより速い速度、長時間風に当たって、そのぶん体が冷えますし。長い距離を移動する途中には、地元より寒い場所があったりもしますし。夏だって油断はできないんですよ~。サザキは酷暑の7月中央道を走って、夜間の八ヶ岳あたりで凍えたことがあります。

 

という訳で、寄れるトイレは事前にさらっと見ておくべき。走るにつれて冷えが増して、トイレがどんどん近くなる、なんて悪循環もありますしね。その点、高速はやはり便利です。パーキングやSAが豊富ですから。温水型便座が普及してトイレそのものが暖かいのも感謝感謝です。(注意ポイント!東京近辺は高速でもパーキング、少ないですよ!)

 

一般道に関しては、東京なら心配ありませんね。お店やガソスタの数、多いですし。24時間営業の店もたくさんあるので、夜間でも問題ないですし。ただ夜、走っていて千葉・埼玉に入ったとたん、お店が激減して困った!なんてことはあります。

 

地方の一般道を走るときは、コンビニさんが頼みの綱です。観光地・観光スポットなら、最近は公衆トイレもかなりきれいでありがたいですけどね、やはり24時間やっていて、夜間も人が多くて明るいコンビニはホントに助かる!グーグルマップで検索しやすいのもいい点です。加えて地方のコンビニさんは、トイレ使用歓迎なところやイートインスペースがある店が多いので、流浪ライダーにとっては命綱です。…「夜間はイートインお休み」って店舗もあるので、頼りすぎはまた危険ですが。イートインがないと、買ったコーヒーを一気飲みして立ち去ることになるので、…結局またトイレ!になっちゃうんです…。

 

 

Share

投稿者: SAZAKI

フリーライター。古典・歴史系ライティングを中心に学習参考書等で活動。著書に『マンガでわかる源氏物語』など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA