『村上春樹クロニクル』思い出すことなど

村上春樹さんの新刊『騎士団長殺し』が話題となっているので、そのご著書に埋もれて過ごした日々を思い出しました。

『一個人』の2013年1月増刊号に、『村上春樹クロニクル1979-2012』という記事を書かせていただいたのです。はい、全集を周りに積み上げて、ホテルにカンヅメならぬ本に囲まれ状態になりましたね。

『村上春樹はくせになる』等のご著書がある文芸評論家・清水良典先生にもお目にかかりました。先生一押しのひつまぶしをいただきつつ村上春樹論を拝聴。二重に贅沢な体験をありがとうございました。

砂崎としては、『海辺のカフカ』と源氏物語の絡みについて、もっと突っ込んで伺いたかったのですが、時間がなく叶わなかったのが心残りです。

Share

投稿者: SAZAKI

フリーライター。古典・歴史系ライティングを中心に学習参考書等で活動。著書に『マンガでわかる源氏物語』など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA